演歌を聴こう!


演歌について

演歌とは、日本の歌謡曲から派生したジャンルの一つであり、日本人独特の感覚や情念に基づく娯楽的な歌曲の分類のことを言います。歌手独自の歌唱法や歌詞の性向から、同じ音韻である「艶歌」「怨歌」という字を当てることもあります。演歌ってなんとなく暗いイメージや悲しいイメージなどがあって敬遠しがちですよね。でもじっくり聞いてみると日本人の心に染みるいい曲ばかりなんです。演歌に興味がない人でも、「津軽海峡・冬景色」や「天城越え」「雪国」なんかは一度は聞いたことがあるはずです。おじいちゃん、おばあちゃんのための曲だと思わずに、聞いてみたら意外とハマるかもしれませんよ!

演歌の特徴

ヨナ抜き音階

演歌が用いる音階の多くは、日本古来の民謡等で歌われてきた音階を平均律に置き換えた五音音階が用いられます。すなわち、西洋音楽の7音階から第4音と第7音を外し、第5音と第6音をそれぞれ第4音と第5音にする五音音階を使用することから、4と7を抜くヨナ抜き音階と呼ばれる音階法です。この音階法は古賀政男による古賀メロディとして定着し、以降演歌独特の音階となります。ただし、ヨナ抜き音階そのものは演歌以外の歌謡曲などでも良く使われる音階でもあります。古賀メロディーについては、初期にはクラッシクの正統派・東京芸大出身の藤山一郎の声楽技術を正統に解釈したクルーン唱法で一世を風靡しましたが、やがてそのメロディーは邦楽的技巧表現の傾向を強め、1960年代に美空ひばりを得ることによって演歌の巨匠としてその地位を確立しました。小節を利かしながら、それぞれの個性で崩しながら演歌歌手たちが古賀メロディーを個性的に歌っています。

歌唱法

歌唱法の特徴としては、「小節(こぶし)」と呼ばれる独特の歌唱法が多用されます。また、必ずと言っていいほど「ビブラート」を深く、巧妙に入れます。この二つは演歌には不可欠といって良いほどのものですが、本来別のものにもかかわらず、混同されることも多い特徴です。

衣装

演歌歌手は日本的なイメージを大切にするため、歌唱時に和服を着用することが多いのが特徴です。特に女性演歌歌手の場合は和服が多く用いられます。

歌詞・テーマ

歌詞の内容は“海・酒・涙・女・雨・北国・雪・別れ”がよく取り上げられ、これらのフレーズを中心に男女間の切ない情愛や非恋などを歌ったものが主です。美空ひばりの「悲しい酒」、都はるみの「大阪しぐれ」、大川栄策の「さざんかの宿」、吉幾三の「雪国」などがその代表例です。また、水商売の女性が客に恋をするモチーフも頻繁にみられ、そうした接客産業の顧客層である男性リスナーを中心に支持を得ています。代表例としては、細川たかしの「北酒場」、藤圭子の「新宿の女」などです。切ない感情・真剣な心情を表すため、短調の曲が多いとされていますが、詳細な統計はありません。男女間の悲しい情愛を歌ったもの以外のテーマとしては、以下のものがあげられます。

  • 幸せな夫婦・・・村田英雄「夫婦春秋」、三笠優子「夫婦舟」、川中美幸「二輪草」など。
  • 母・・・菊池章子・二葉百合子「岸壁の母」、金田たつえ「花街の母」など。
  • その他の家族・・・鳥羽一郎「兄弟船」、芦屋雁之助「娘よ」、大泉逸郎「孫」など。
  • 人生、心意気・・・村田英雄「人生劇場」「花と竜」、北島三郎「山」「川」、中村美律子「河内おとこ節」など。
  • 股旅・・・ディック・ミネ「旅姿三人男」、橋幸夫「潮来笠」、氷川きよし「箱根八里の半次郎」など。
  • 任侠・・・北島三郎「兄弟仁義」、高倉健「唐獅子牡丹」など。
  • 歌謡浪曲・・・三波春夫「俵星玄蕃」「紀伊国屋文左衛門」など。
  • 劇場型ドラマチック・・・山口瑠美「山内一豊と妻千代」「至高の王将」「白虎隊」など。
  • 望郷・・・北島三郎「帰ろかな」、千昌夫「北国の春」「望郷酒場」など。

分類

上記のような特徴を兼ね備えた、いかにも演歌らしい演歌に対して「ド演歌」といった呼称が使われることもあります。また、男女の情愛に特化さえたジャンルで、演歌よりも都会的なムード歌謡というものもあります。とはいえ上記の特徴をもってしても、演歌とそれ以外のジャンルなどを明確に分類することは困難です。演歌は日本の大衆に受け入れられ、流行音楽の一つの潮流を作り出してきましたが、一方でその独自の音楽表現に嫌悪を示す人も少なくないのもまた事実です。日本の歌謡界に大きな影響力のあった歌手・淡谷のり子は演歌嫌いを公言し、「演歌撲滅運動」なるものまで提唱したほどでした。

演歌の歴史

「演歌」という言葉は、元々「演説歌」の略語で、明治時代の自由民権運動の産物でした。藩閥政治への批判を歌に託した政治主張・宣伝の手段であり、政治を風刺する歌で、演説に関する取締りが激しくなった19世紀末に、演説の代わりに歌を歌うようになったのが「演歌」という名称の始まりといわれています。この頃流行ったのが「オッペケペー節」を筆頭に「ヤッツケロー節「ゲンコツ節」などです。ほかにも政治を風刺する歌はありましたが、これ以後「演歌」という名称が定着します。明治後半から、心情を主題にした社会風刺的な歌が演歌師によって歌われるようにもなり、次第に演説代用から音楽分野へとシフトするようになりました。昭和に入ると、外資系レコード会社が日本に製造会社を作り、電気吹き込みをいう新録音システムも導入され新しい時代を迎えます。しかし、昭和3年の佐藤千夜子や二村定一、昭和6年の藤山一郎の登場により「流行歌」と呼ばれる一大分野が大衆音楽の世界をほぼ独占し、しばらく「演歌」は音楽界から退場することになります。戦後も日本の大衆音楽は「流行歌」によっていましたが、新世代の台頭と昭和28年の藤山一郎の引退により音楽性が揺らぎ始め、次第に今の演歌に近い曲が出現し始めました。この時期既にブギウギで流行歌歌手としてデビューしていた美空ひばりも音楽性をシフトさせ、キングレコードから望郷歌謡の春日八郎、三橋美智也、ビクターレコードから任侠路線のスター鶴田浩二、テイチクレコードから浪曲出身の三波春夫、戦後の大スター石原裕次郎、コロムビアレコードからは泣き節の島倉千代子が登場します。さらに三波と同じく浪曲界から村田英雄がデビューし、日活のマイトガイこと小林旭も歌手デビューしました。このころになると、民謡や浪曲などをベースにし、それまでの「流行歌」とはかなり質の異なる現在の演歌に近い作風の楽曲が出現します。昭和38年、演歌専門のレコード会社・日本クラウンの独立とさまざまな音楽の流入により「流行歌」が消滅し、多数の音楽分野が成立しました。その中で、ヨナ抜き音階や小節を用いたものが「演歌」と呼称されるとようになったのです。

現在の演歌

現在、60代後半~70代以上の高年齢層限定のジャンルという認識が強いのが否めず、若い世代のファンが圧倒的に少なくなっています。個性と実力を兼ね備え、演歌という新ジャンルの土台を築いた、春日八郎・三橋美智也・三波春夫・村田英雄らの男性歌手や、「演歌の女王」と称された美空ひばりなどが、平成時代に入った後それぞれ亡くなりました。また、その後に続くベテランの男性歌手で、紅白歌合戦にはほぼ毎年常連出場している北島三郎・森進一・五木ひろし・細川たかしなどの大御所も、かつての昭和時代と比べると実力を発揮し切れていない状況です。また若手を除けば、歌手本人はおろか作詞・作曲家などの共同製作者が鬼籍に入るケースも増加しています。有線などでの小ヒットはあるものの、大泉逸郎「孫」、氷川きよし「箱根八里の半次郎」以来世間を揺るがす程の大ヒットはなく、全体的な低迷が続いています。また、1960年代以降に洋楽のロックや日本製のフォークやニューミュージック、アイドル歌謡などを聴いていた戦後生まれの世代が中年層になっても演歌に移行せず、ロック・フォークなどを聴き続けている者が多いことから、演歌ファンの高齢化が顕著になっています。演歌界には旧態依然とした徒弟制度が残っており、師匠からのパワハラや契約面での障害も少なくありません。そのため、例えば水樹奈々は演歌志望から声優・アニソン系に移行しています。カラオケブームによる第二次ブームの時期に幼少期から青年期を過ごした30代後半~50代の中年、壮年層の中では近親者などの影響も手伝い比較的認知度は高い傾向にあります。しかし、個人差はあるものの、聴く或いは積極的に歌う対象にはされにくく敬遠されることが多いようです。ただし、歌手のキャラクターは広く受け入れられている部分もあります。村田英雄の「ムッチーブーム」や千昌夫の「額のホクロ」、小林幸子と美川憲一の紅白衣装対決、森進一の「おふくろさん」などがその例です。ものまねブームによる、これら個性的な歌手のものまねも知名度に貢献しました。10代、20代の若者にの中には代表的なヒット曲や、氷川きよしなどの有名歌手を除き、歌手の存在自体も認知していない人も多く、曲や歌手以前に「演歌」という語句すら敬遠されるケースさえあります。ただし、若者の中にも一部には熱烈な演歌ファンが存在することも事実です。「さんまのSUPERからくりTV」に出演して話題を呼び、北島三郎のもとに弟子入りし、プロデビューを果たした大江裕はこの典型といえるでしょう。

オリコンチャート1位獲得作品

週間

  • 1968年「星影のワルツ」千昌夫
  • 1969年「港町ブルース」森進一
  • 1969年「池袋の夜」青江三奈
  • 1970年「女のブルース」藤圭子
  • 1970年「圭子の夢は夜ひらく」藤圭子
  • 1970年「京都の恋」渚ゆう子
  • 1971年「望郷」森進一
  • 1971年「よこはま・たそがれ」五木ひろし
  • 1971年「わたしの城下町」小柳ルミ子
  • 1972年「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子
  • 1972年「京のにわか雨」小柳ルミ子
  • 1972年「女のみち」宮史郎とぴんからトリオ
  • 1974年「なみだの操」殿さまキングス
  • 1974年「夫婦鏡」殿さまキングス
  • 1974年「冬の駅」小柳ルミ子
  • 1974年「あなたにあげる」西川峰子
  • 1975年「昭和枯れすゝき」さくらと一郎
  • 1975年「心のこり」細川たかし
  • 1976年「北の宿から」都はるみ
  • 1979年「おもいで酒」小林幸子
  • 1983年「矢切の渡し」細川たかし
  • 1986年「あじさい橋」城之内早苗
  • 1987年「雪国」吉幾三
  • 1987年「北の旅人」石原裕次郎
  • 2004年「浪花いろは節」関ジャニ∞
  • 2005年「初恋列車」氷川きよし
  • 2009年「愛のままで・・・」秋元順子

年間

  • 1968年度「星影のワルツ」千昌夫
  • 1971年度「わたしの城下町」小柳ルミ子
  • 1972年度・1973年度「女のみち」宮史郎とぴんからトリオ
  • 1974年度「なみだの操」殿さまキングス
  • 1975年度「昭和枯れすゝき」さくらと一郎
  • 1979年度「夢追い酒」渥美二郎
  • 1983年度「さざんかの宿」大川栄策
  • 1987年度「命くれない」瀬川瑛子

演歌は隠れた名曲の宝庫です。古くさいなんてイメージは捨てて、名曲の世界に浸ってみませんか?

演歌を聴こう!
こぶし込めまくりな件

    演歌を聴こう!